壁紙

阪急百貨店で開催中の
ウィリアム・モリスと英国の壁紙展を見に行ってきました。

唯一撮影OKだったコーナー
ウィリアムモリス
見覚えのあるような家具が並んでいましたが、
似たような家具でも壁紙が変わるとずいぶん印象が変わりますね。

「部屋に何を置くにしても、まず壁をどうするか考えよ。
壁こそが家を本当の住まいにするからだ。
何を犠牲にしても壁を優先させなければ、
いかに高価で見映えのする家具を置いても、
その部屋は間に合わせの下宿屋のように
なってしまう。」
というモリスの言葉が添えられていました。

それでは、本日追加したアイテムをご紹介します。
優しいトーンでまとめられたシングルソファ
2脚セットで入荷しています。
アンティークソファ

小ぶりながらも上質で、エレガントに壁面を彩るウォールシェルフ
ウォールシェルフ
久しぶりに姿を現した壁紙を背景に撮影してくれました。

透かし模様のフレームに円柱状のガラスがはめ込まれた
繊細なイメージのランタン型ランプ
ランタンランプ
私には、ミディの壁が落ち着くようです。

住めば都。
chie
chie

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する