V&A

ロンドン滞在時に、ヴィクトリア&アルバート博物館へ行ってきました。
ビクトリア&アルバート
絵画や彫刻作品などをはじめ、
世界中から集められた美術工芸品を所蔵する有名な美術館。

とても広いので、ゆっくり全部回るには丸一日あっても足りないくらいですが、
アンティークの勉強になるからとオーナーが勧めてくれたので、
今回は家具やシルバー雑貨などのセクションを中心に見てきました。
シルバー
*Midiでも見覚えのあるアイテムがずらり。

特に家具セクションは面白く、
家具の歴史や時代背景はもちろん、
構造やプロセスなども知れる展示でした。
ト―ネット ベントウッドチェア

家具の彫刻に使われる道具や、その横には工程の様子も。
彫刻
こちらの展示は、実際に手で触ることもでき、
一枚の板の下書きから形を作り出していくという
とてつもない技術と労力が集約されているのだなと
直に感じることが出来ました。


今日追加したフランスの3面ガラスキャビネット
ガラスキャビネット
装飾がとても繊細で、
こちらも相当な時間と手間をかけて作られたことが伺えます。
装飾
一見の価値のある素敵なアイテムです。

今日は他にも、
ホワイト系にまとまったエレガントなフレンチチェア
フレンチチェア

シックで重厚な雰囲気のアンティークフレーム
アンティークフレーム

すらりと華奢な脚が特徴的な真鍮のジュエリーボックス
アンティークジュエリーボックス
など追加しました。

yui

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する