ロイドルームのお話し

///// lloydloomのお話し //////

ロイドルーム
テレビや雑誌などで見かける、こちらのチェア。
見た事が有る方も多いのでは?

今もなお多くの人々に愛され造り続けられてる
イギリスのlloydloom社のアンティークです。
独自の技法で造られている為、軽く防水性もあり
なんといっても座り心地が良く、リラックス出来ます。

イギリス

1917年にアメリカのM.Bロイドが発案した
細いアイアンに防水加工を施したペーパーを籐の様に編み込んで作る手法は、
のちにイギリスのLusty&Sons社がライセンスを取得し
1920~30年に大流行したそうです。


ロイドルーム

様々な形が造られていますが、
ピンクのタイプは1920年代頃の物。
椅子も大きさや形が様々に有りますが、もちろん椅子の他にも
テーブルやボックスベンチ等もあります。

アンティーク ロイドルーム

元はペーパーなので、ヨーロッパの人達は自分で塗り替えたりと
自由な発想で楽しんでいる様子。
買付け時1つしかない表情のロイドルームに出会うのも楽しみです。




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する